悪性腫瘍

薬を飲む女性

肺に発生する腫瘍のほとんどは上皮性の悪性腫瘍であり、非上皮性の腫瘍は余りありません。
肺がんの場合、気管支上皮から発生するものが大部分を占め、肺胞上皮や気管支腺由来のものは少ないです。
近年、肺がんの発症者は急激な増加傾向を見せ、男女比を見ると3:1と男性に多く、男性では悪性新生物死亡の第1位を占めています。
年齢別では、60~70歳代多く分布しています。
肺がんは喫煙との関係が重視されています。
喫煙者は非喫煙者よりも肺がんによる死亡率が高くなっています。
しかしタバコの煙の中には、発がん性物質が見出されているので、副流煙という形で、非喫煙者にも影響を与えます。
肺がんの症状としては、せきと痰、痰の場合は特に血痰を主症状としています。
しかし、肺がんに特有の症状というのはありません。
症状の確認と共に、胸部のレントゲンやCTでの画像所見、気管支鏡検査、細胞診による喀痰中の悪性細胞の検出や腫瘍組織の生検等が行われます。
病院での治療としては、がん細胞の種類が小細胞癌か、非小細胞癌かによってその治療方針が異なってきます。
小細胞癌の場合、がん細胞が抗がん剤や放射腺に対して感受性が高い為、多剤併用化学療法が主に行われます。
非小細胞癌の場合、肺切除術が施行されますが、癌が進展した症例の場合には多剤併用化学療法が行われています。
肺がんは早期発見が困難で、原発巣が小さいにもかかわらず転移を起こしやすい為、予後はよくないといわれています。
しかし予防することは可能です。
例えば喫煙はする人もその近くに居る人も、肺がんのリスクというのを考える、定期的に病院で検査を行う等により、発症リスクを抑える事は出来てきます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    白衣を着た子供

    症状と治療法

    肺がんの原...

    Readmore
    イイネする医師

    病院選びを工夫

    肺がんにな...

    Readmore
    入院

    専門家の医師

    肺がんとい...

    Readmore